ケータリングメニューを見る

会社案内COMPANY

代表挨拶MESSAGE

「王滝グループ」挑戦のDNAをこれからも。

王滝グループは1973年の創業以来、お客様第一主義に徹し、食文化の向上と、地域社会の進歩発展のため、さまざまな事業展開に挑戦してまいりました。1988年の中央自動車道延伸により、世界の台所と呼ばれる東京・築地(現在は豊洲)市場に中卸を構え、物流体制を強化。王滝グループの代名詞でもある新鮮な魚を提供できる体制が整いました。

その後は、地域密着のドミナント戦略で、常にお客様のニーズにお応えし、創作料理や焼き肉、そばなどの飲食業のほか、温泉旅館、スキー場の運営などを展開。また近年は、信州を代表するそばに着目し「美味しいそばをお腹いっぱい」をキャッチフレーズに、セルフサービスの「そば処小木曽製粉所」をフランチャイズ化でチェーン展開。美味しいそばの定義である三立て「挽き立て」「打ち立て」「茹で立て」にこだわり、味や香りの高い信州のそばを提案し、鮮魚と並ぶ王滝グループの新しい柱として強化している最中です。信州の食文化を担う企業として、信州ブランドであるそばを発信できることは、当社の誇りであるとともに責任でもあると自負しています。

常に進歩発展を求めて冒険を続けてきた私の探求心のDNAは、50周年を前に後進たちに受け継がれており、今後は国内、さらには海外へと広がることに期待しております。

50年の礎の上に築く私の使命は、これまで培ってきた経営のノウハウを社内外に広めるコンサルティング事業として、地域の発展に寄与することです。めまぐるしく変化する国際情勢、社会環境の中、これからも地域の皆様とともに、さらに挑戦をし続けてまいります。

代表取締役永瀬 完治