エントリーはこちら

季節を表現できる
和の職人に
なりたい

おおたき総本店 調理長百瀬 俊彦TOSHIHIKO MOMOSE

おおたき総本店は王滝グループを代表する店のひとつ。吹き抜けの空間には風格が漂い、まっすぐ伸びるカウンターには新鮮なネタが並んでいます。威勢のよい「いらっしゃいませ!」の声とともに迎えてくれる板前の姿が、入社のきっかけとなりました。

王滝グループを選んだ理由

板前さんの
カッコよさに憧れて

子どもの頃から興味のあった食を学ぶため、地元の専門学校に進学。在学中の実習先が「おおたき総本店」でした。和の風情が漂う店構えと、カウンターに立つ板前さんのカッコよさに憧れて「自分もここで学び、いつかはカウンターで寿司を握りたい」と思ったのがきっかけです。
専門学校では調理師と製菓師の資格を取得。「働くなら、おおたき総本店で働きたい」と、アルバイトを経て、正式に社員として入社しました。

仕事内容

食材ひとつ、器ひとつに
心を込めています

現在は、だしをひくなどの仕込みから、オーダーに応じて揚げ物やサイドメニューを作るほか、調理長として、宴会用のサイドメニューを考えるのが役割のひとつです。先付け、前菜、焼き物、揚げ物など、宴会の席に合わせて組み立て、材料の発注から行います。お祝いの席や法事など、内容によって食材や器などが違うので、丁寧な仕事を心がけています。

仕事のモチベーション・やりがい
お皿の上で
季節を演出する

和食で大切にしたいのは季節感。旬の食材はもちろんのこと、焼き物に添える笹や青紅葉といった、庭の植物を摘んで添えるのも季節の演出に取り入れています。お客様に「来てよかった」「おいしかった」と喜んでいただけるのが何よりうれしいです。

今までで一番思い出に残っている仕事

おおたき総本店で働く、
ということ

おおたき総本店は、王滝グループの中心的な存在。接待や集まりなど、お客様が大切な方をもてなす宴会も多い店です。技術的にも精神的にも不安だったある時、先輩が退職することとなり、自分の仕事が急に増えたことがありました。
そんな時、身近にいる大先輩に不安な気持ちを相談すると、調理の技術だけでなく、調理師として、社会人としての心構えや気持ちの持ち方も一緒に教えてくださいました。
この時、入社前、カッコいい板前に憧れた気持ちを思い出し、改めて、おおたき総本店で働く姿勢や誇り、責任を教わったような気がしました。

これからの目標・先輩からのメッセージ

調理する人でなく、
調理師になれ

料理でお客様に喜んでいただくためには、何をしたらよいのかを常に考えて仕事に取り組む必要があります。よく「調理人にはすぐになれるが、料理の知識と経営の知識もなければ調理師にはなれない」と言われます。技術だけでなく、広い視野が必要だと実感しています。
料理は深い世界ですが、お客様の喜ぶ顔はなによりうれしく、力になります。
食で人を喜ばせる仕事、一緒にやりませんか。

FLOW1日の流れ

出社

サラダや茶碗蒸しなどサイドメニューの仕込み。だしをひいて味噌汁の準備をします。宴会があれば準備をします。

ランチタイム

オーダーの揚げ物やサイドメニューの対応をしながら、ホールや洗い場もサポート。

昼休み

持参した弁当を食べたり、ランチで人気の唐揚げ丼をまかないとして食べたりしています。

夜の開店に合わせて準備

ディナータイムのオープン17:00に向け、そば湯や揚げ油を温め始めます。翌日の発注があれば、この時間に電話やネットで注文をします。

ディナータイム

オーダーの揚げ物やサイドメニューの対応。宴会がある時はお客様への提供のタイミングを見て料理を準備。合間にホールや洗い場もサポート。

ラストオーダー

調理がなければ、清掃や片付け、包丁研ぎ、翌日の宴会内容、発注の確認などをします。日によっては、レジ締めや日報の書き込みもします。

帰宅

入浴などを済ませて、のんびり過ごします。

MESSAGE未来の仲間へメッセージ

料理を食べて「おいしい」と言った時の家族や友人の笑顔が私の原点。小学校の調理実習で作ったカレーライスを食べた友人の顔は今でも思い出のひとつ。
おいしい笑顔が毎日見たい、食べて喜んでもらいたいから、頑張れる仕事です。

OTHER PEOPLEインタビューを見る

pagetop