エントリーはこちら

店長になって、
もっと仕事が
楽しくなりました

ナポリの風・まぐろ丼家 店長矢部 楓KAEDE YABE

料理が家族を笑顔にすることを知り「食で人を幸せにしたい」と思ったのが、食の世界に入ったきっかけでした。和食店の厨房から一転、フードコートの2店舗を任される店長となった今、グループトップ店を目指して奮闘しています。

王滝グループを選んだ理由

ここなら自分の夢が
かなえられる

「食は人を幸せにする」と実感したのは中学2年生の時。もともと食に興味はありましたが、初めて食べたフレンチのフルコースのおいしさと、家族が喜ぶ顔を見た時「いつか自分の店を持って多くの笑顔を見たい」と思ったのが、本格的に食の道を目指すきっかけとなりました。
進学か就職か迷いましたが、料理の世界に入るなら「現場でしっかり学べる会社」と思い、高校卒業と同時に地元でブランド力の高い王滝グループへ。経営理念のひとつ「社員に自己実現の場を与え―」の言葉に引き込まれ、ここで知識と技術を身につけ「自分の夢をかなえたい」と決意しました。

仕事内容

お客様に喜んでいただくのが
仕事です

配属となった王滝安曇野店は和食店。厨房で調理を学び、現在はイオン南松本店のフードコート内にある「ナポリの風」と「まぐろ丼家」の店長をしています。前の店では、先輩に言われたことに従えば良かったのですが、規模は小さくても、現在は店長。店舗を運営する上で、いかにお客様に喜んでいただけるかを考える立場になりました。とはいえ、店では、私よりベテランのパートさんがいますので、よく叱られているんです(笑)。周囲の方々に恵まれ、店長として成長しているという自覚があります。
店長として意識しているのは、スタッフを大切に、働きやすい環境づくりをすること。店の雰囲気は、自然とお客様にも伝わるもの。お客様を大切にするためにも、スタッフを大事にしていきたいと思っています。

仕事のモチベーション・やりがい
“自分の店”を
グループトップに
したい

「ナポリの風」の良さは手頃な価格でピザが食べられること。「それなら、もっと気軽に、ワンコインで提供したい」と、ピザとドリンクのセットを提案し、主力メニューに採用してもらいました。
自分の提案がカタチになると「自分の店」という感覚が生まれ、自分の店だからこそ「もっといい店にしたい」という思いにつながります。今は、店の売り上げを伸ばし「グループでも注目される店舗にしたい」それがモチベーションです。

今までで一番思い出に残っている仕事

実は会社を辞めたいと
申し出たことがあるんです。

料理の世界に入り、念願かなったはずなのに、現実は想像以上に厳しいものでした。和食店の厨房では揚げ物や、宴会料理の仕込みを任されていましたが「もっと他のジャンルのことがしたい」と思うようになり、退社を決めたことがあります。その思いを上司に打ち明けたところ「今まで積み上げてきたものがもったいない」と説得され、他店舗への異動を提案されました。
それが現在の立場。業態も仕事も、立場もガラリと変わって、気分は一新。社内にいろんな選択肢があり、挑戦できる環境があることを実感しました。一時の迷いで辞めなくてよかったと思っています。

これからの目標・先輩からのメッセージ

選択肢が多いのは
王滝グループの強み

毎月の店長会議では、店舗運営に長けた先輩方の話を聞く機会があり大変勉強になります。しかし、店の規模は小さくても、私も店長。先輩方に憧れる一方で、実は負けたくないというライバル心があるのです。 現在、こうして仕事に打ち込めるのも、多彩なジャンルの店舗を展開する王滝グループだからこそ。選択肢がたくさんあることも強みのひとつです。

FLOW1日の流れ

出社

「ナポリの風」ではチーズやトマトソースなどの補充、「まぐろ丼家」ではネギや大葉を刻むなど、ランチタイムに向けた仕込みをします。

ランチタイム

一日で最も多忙な時間帯。パートさんと連携しながら、イートインとテイクアウトのお客様の注文に応じて調理やレジ対応をします。

昼休み

お客様の状況を見ながら昼休み。メニューの中から日替わりで食べて、味をチェック。気づいたことをフィードバックするようにしています。

ディナータイム準備

パートさんが帰った後、アルバイトが出社。洗い物などをしながらディナータイムに備えます。

ディナータイム

ファミリー層のイートインが増え、夕食用にテイクアウトのお客様が来店。調理やレジ対応をします。

ラストオーダー

お客様がいなければレジ締め、清掃など、閉店作業をします。

閉店。帰宅。

店長就任と同時に、初めてのひとり暮らしをスタート。休日は自分の勉強を兼ね、外食をして、他ジャンルの食事をするようにしています。

MESSAGE未来の仲間へメッセージ

当社に入社してからというもの、本当に人には恵まれていると思います。挫折しそうになった時には先輩や上司に支えられ、店長になってからは、年下で頼りない店長の私を支えてくれる仲間やパートさんがいます。そして、自分の提案を受け入れ、挑戦させてくれる上司がいます。ひとりで破れない壁に当たった時には、自分が進めるいくつもの道が開けている。選択肢がひとつだけでないのが、当社の魅力です。

OTHER PEOPLEインタビューを見る

pagetop